訃報> スタンリー・ワインスタイン博士(1929-2017)

A. Charles Muller's picture

アメリカにおける日本・中国仏教研究者であるスタンリー・ワインスタイン博士(イェール大学名誉教授、1929-2017)が、2017917日に逝去されました。ワインスタイン教授は、駒澤大学で学士号、東京大学大学院で修士号を得たのち、1966年にハーバード大学で永冨正俊教授のもと博士号を授与されました。教員としてはまずロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)で教鞭をとり、つづいてイェール大学に移籍して、そこでの永年にわたる在職期間のあいだに多くの大学院生を育成しました。著書に『唐代の仏教』(Buddhism under the T’ang)があり、また『日本百科事典』(Encyclopedia of Japan)の百以上の項目を執筆しているほか、数多くの論文を発表しています。追悼会が9月25日(月)の午前11時から、ホイットニー・センター(200 Leeder Hill Drive, Hamden, CT 06517, USA)の六階集会室で開かれます。詳細な追悼記事は、後日改めて発表させて頂きます。以上、門下生一同より謹んでお知らせ申し上げます。

 

Keywords: 仏教学, 訃報