On-site film screening and discussion: ‘Ushiku’, November 19, 2021; 試写会 牛久 , 2021年11月19日

Nora Kottmann's picture

(Japanese version below; 日本語訳以下)

You are cordially invited to the special preview screening of ‘Ushiku’ and discussion with filmmaker Thomas Ash, several protagonists, and Prof. Ai Kihara-Hunt (University of Tokyo) ahead of the Japan theatrical release, jointly organised by DIJ, FES, and OAG (https://dij.tokyo/ushiku). The event takes place on November 19, 2021 / 6.00-8.30 pm JST
at the Doitsu Bunka Kaikan, OAG House (map). Simultaneous translation will be provided. (English/Japanese).

Ushiku takes viewers deep into the psychological and physical environment inhabited by foreign detainees in one of the largest immigration centres in Japan. On the eve of Japan’s recent – and highly contentious – immigration reform efforts, the director bypasses the media blackout the government has imposed on its immigration centres, bringing viewers into immediate contact with the detainees, many of whom are refugees seeking asylum. Detainees are held indefinitely and subject to violent deportation attempts by Japanese authorities against a background of the ensuing COVID-19 pandemic and with the spectacle of the Tokyo Olympics looming on the immediate horizon. Trailer: https://youtu.be/HadlfyQ-dH8

Registration is obligatory. Please register with your full name, affiliation, and phone number until November 15 via dijtokyo@dijtokyo.org. Registrations will be accepted on a first-come-first-served basis. Please note that you have to be either vaccinated or recovered for attending this event.


「牛久」の上映(試写会)と映画監督のトマス・アッシュと数人の主人公、そしてキハラハント先生(東京大学)による上映とディスカッション 

20211119 / 午後6時から830

場所OAGハウス東京ホール(東京都港区赤坂7-5-56ドイツ文化会館)

通訳あり(日本語、英語)

 

https://dij.tokyo/ushikujp

 

東日本入国管理センター、いわゆる『牛久』は、茨城県牛久市にある大規模な入管施設の1つである。ここに、難民として保護されることを求めやってきた、多くの人々が収容されている。昨今、日本政府による入管法改正の動きは、様々な議論を巻き起こした。そのなか、制作者は1年と半年間、当事者たちの了解を得て、彼らの助けを求める声を記録し続けた。本作は施設が定めるメディアを含む訪問者への厳しい規制を切り抜け、制作された。収容者を犯罪者扱いし、長期拘束し、家族を分断し、心を蝕み、死に追いやる構造。この作品を通じ、観客は収容者と直接対面することになる。収束の兆しが見えない新型コロナによるパンデミック、東京オリンピック開催を前に、彼らは日本政府による無期限の拘束、暴力的な強制送還のなかにいた。トレーラー  https://youtu.be/HadlfyQ-dH8

 

登録情報

加希望の方はぜひ1115日までに、氏名、所属、電話番号をご記入の上、dijtokyo@dijtokyo.org からご登録ください。ご注意!このイベントにご参加いただくには、ワクチン接種または感染後の回復、いずれかが条件となっておりますのでご了承ください。