Aesop's Fables in Japan (EFEO/ISEAS Kyoto)

Martin Nogueira Ramos 's picture

We are pleased to announce the following academic event to be held on Zoom on May 21st, 2021.

The colloquium will be in Japanese, with the title of Yomigaetta Isoppu emaki (The “Reborn” Aesop Picture Scrolls). It is conceived as a book launch colloquium for the publication of Eiri kansu-bon Isopo monogatari (“The Illustrated Handscrolls of the Tales of Aesop”) by Lawrence Marceau. 

An abridged program is available below, but you can download an extended version at this link: https://iseas-kyoto.org/eventi/eurasiantracks

A link for ordering a copy of the book at a discount will be made available at the session. 

Participation free, but pre-registration required: https://forms.gle/1FBDfwsAPk2ZeVmq7

Please feel free to contact info.iseas@iseas-kyoto.org or efeo.kyoto@gmail.com with questions.

 

We are looking forward to your participation.

 

 

 

 

主催

イタリア東方学研究所

フランス国立極東学院・京都支部

京都大学人文科学研究所

 

 

よみがえったイソップ絵巻

『絵入り巻子本「伊曽保物語」』刊行記念トークイベント

2021年5月21日(金)

17:00 - 19:00

開催はオンラインのみ(Zoomアプリが必要です)

 

 

『絵入巻子本「伊曽保物語」―翻刻・解題・図版解説』(臨川書店、二〇二一年刊)の出版を記念して、編者を含む四人の研究者が、中世ヨーロッパ文学、中・近世日本文学、日本語学、美術史など様々な立場から、日本版『イソップ寓話集』の絵巻に切り込む。この絵入り巻子本六巻は十七世紀後半に制作され、奈良絵本・絵巻というジャンルの優れた例である。しかし、『伊曽保物語』の絵巻様式として現在知られる唯一のものであるにもかかわらず、学術的には一九三〇年に一度紹介されたのみであった。刊行をきっかけに、作品の存在を再確認すると同時に、発表者だけでなく、参加者も交えながら、その特徴や背景について語り合う。

 

パネリスト

■岸本恵実 (大阪大学准教授)

伊曽保物語の「ぱすとる」(羊飼い)―キリシタン版と国字本をつなぐことば

■兵頭俊樹 (和歌山大学准教授)

伊曽保物語と翻訳底本―文字と画を比べながら

■ローレンス・マルソー (イタリア東方学研究所客員研究員)

奈良絵本・絵巻としての西洋文学―絵入巻子本『伊曽保物語』の意義

 

ディスカッサント

■荒木浩 (国際日本文化研究センター教授)

 

※使用言語:日本語

チラシのダウンロードはこちら https://iseas-kyoto.org/eventi/eurasiantracks

 

お申込み

https://forms.gle/1FBDfwsAPk2ZeVmq7

お申込み完了画面で11桁のミーティングIDが発行されますので、メモまたはスクリーンショットにて保存をお願いします。(自動メールは届きません)

後ほど当館から受付確認メールを送信しますが、もし3日以内に届かない場合は再度お申し込みいただくか、メールにてお問い合わせください。

 

お問い合わせ 075-703-3015

イタリア東方学研究所 info.iseas@iseas-kyoto.org

フランス国立極東学院・京都支部 efeo.kyoto@gmail.com