Seminar on Japanese historical materials and documents, Sapienza University, Rome, Dec. 14-15

Janet Goodwin's picture

 

Crossposted from PMJS

 

Posted on behalf of Luca Milasi

 

Sapienza University's Department of Oriental Studies in Rome gladly invites anyone interested to attend the seminar "Methods of investigation of Japanese historical materials and archival documents: analysis and reading" scheduled on 14th and 15th December 2018, in collaboration with the National Institute of Japanese Literature (NIJL, Tachikawa, Japan). The seminar, made possible thanks to the support from Toshiba International Foundation, provides two days of advanced training on palaeography and diplomacy of Japanese archival documents, exploiting the recently digitised Marega collection of documents from the Usuki feud at the Vatican Library and other original materials, particularly the 750 manuscript letters' recently acquired by the Library of the Italian Institute of Oriental Studies Department thanks to the financing of Toshiba.

The seminar's working language is Japanese. Attendance is free. Please see the program below.

For information: Luca.Milasi@Uniroma1.it

 

ローマ大学連携事業

 

日本歴史資料(古文書)のくずし字解読と資料調査法

 

-マレガ文書を通じた日伊教材開発・教授法研究のために-

 

場 所:ローマ大学サピエンッア

会場:ローマ大学サピエンッア東洋研究学科図書館、Viale dello Scalo di S. Lorenzo 84、2階

 

主 催:ローマ大学サピエンッア、マレガ・プロジェクト(人間文化研究機構国文学研究資料館、バチカン図書館、東京大学史料編纂所、大分県立先哲史料館、臼杵市教育委員会、国立イタリア東方学研究所)、伊日研究会

 

目 的:くずし字解読のための知識の獲得とともに史料の調査・保存を学ぶ。

 

 

2018年12月14日(金)第1日目

10:00開 会

開会挨拶:アレッサンドラ・ブレッツィ(ローマ大学東洋研究学科長)

  大友一雄(人間文化研究機構国文学研究資料館)

メンバー・参加者紹介:

第Ⅰ部 日本歴史資料(古文書)とくずし字解読

10:15 「日本歴史史料(古文書)の解読と内容理解」

講師:太田尚宏(人間文化研究機構国文学研究資料館)

第Ⅱ部 臼杵藩の「絵踏」制度関係文書を学ぶ

11:30 くずし字解読実践1「儀式となった絵踏」

講師:大津祐司(大分県先哲資料館)

13:00 昼休み

14:00 くずし字解読実践2「日常的な絵踏」

講師:佐藤孝之(東京大学史料編纂所)

15:30 休憩

15:50 くずし字解読グループワーク1

担当:松澤克行・大友一雄・三野行徳

解説:岡村一幸(臼杵市教育委員会)

通訳:高見純(人間文化研究機構国文学研究資料館)

18:00 閉 会

 

2018年12月15日(土)第2日目

9:30 あいさつ:廣瀬祐宏(大分県参事)

9:45 第Ⅰ部・第Ⅱ部のまとめと討論

講師:太田尚宏

第Ⅲ部 古文書調査の方法と技術を学ぶ

10:20 概要調査の方法と技術

講師:太田尚宏

11:20  コーヒーブレイク

12:00 ワークショップ「古文書概要調査実習」①

13:00 昼食

14:00 グループワーク「古文書概要調査実習」②

15:15 休憩

15:30 第Ⅲ部のまとめ

16:15 閉 会

 

進 行:マルコ・デルベネ(ローマ大学准教授 日本歴史)

 ルカ・ミラーズィ(ローマ大学助教授・日本古典・古語・文献学)

Contact information:

 

Marco Del Bene

Marco.Delbene@Uniroma1.it

 

Luca Milasi

luca.milasi@uniroma1.it 

 

 

-- 

Luca Milasi

 

Department Italian Institute of Oriental Studies

Sapienza University of Rome

Luca.Milasi@uniroma1.it